多摩大学目黒について


学校生活について


在校生・保護者向け情報


受験生向け情報


卒業生向け情報

多摩大学目黒トップ > キャンパスニュース > 2017年9月27日号

【クラブ紹介】男子バスケットボール部

 男子バスケットボール部の練習は週に3〜4回。目黒校舎の体育館が中心ですが、休日や長期休みの時はあざみ野セミナーハウスの体育館でも練習しています。練習は中学、高校合同で行いますが、部員の能力に合わせて複数の練習メニューを用意するなど、工夫を凝らして全員のスキルアップを目指しています。

 顧問教員は2名。2名とも熱心に指導しています。「勝てるチーム」を目指し頑張っています。


目黒キャンパスの体育館で練習開始!


顧問教員のブリーフィング。


相手の動きをよく見て、一瞬のスキを突きます。


ダッシュとストップの繰り返し。


レイアップシュートがしっかり決まりました。


シュートは正確さが命。しっかり練習します。


シュートが決まった時の快感は何物にも代えられません。


カメラに向かって決めポーズ!


顧問教員の指導にも熱がこもってきました。


このボールに、みんなの思いが詰まっています。


中学1年生はまずバスケットボールを楽しむことから始めます。


部員同士でシュート練習のメニューを工夫します。


誰が何本入れられるか、いざ勝負!


たまには大きく外すことも。


ゾーン練習では相手との駆け引きを学びます。


一瞬のスキをついてドリブルで抜き去ります。


こまめに休憩を取り、水分を補給します。


後半は試合形式の練習。


チームを分けます。


見学者は顧問教員と別メニューで練習。


コートサイドでドリブルの練習をします。


試合形式の練習は全員本気になります。


集中力を最大に高めて臨みます。


顧問教員はデータを取って分析をします。


男子バスケットボール部全員集合!


キャンパスニュース一覧に戻る